上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『10年後にはきっと、せめて10年でいいからもどってやり直したいと思っているのだろう。
今やり直せよ。未来を。10年後か、20年後か、50年後からもどってきたんだよ今。』


この名言を座右の銘として、色々選択してきました。
母に「あんたは〜がしたいって言ったら叶って幸せな人生やなぁ」と言われた事があります。
いつも味方でいてくれる両親のおかげ。
出発前の見送りの時、新神戸駅で泣いた母を見た時は何とも言えない気分でしたが、元気に日本に
帰ってきて、また会えて良かった。
そんな両親の前でも「ボツワナに帰りたい」と言っていたので「そんな良いとこなら、私らも行かなあかんわ」
と最近は家族で行く気満々。

本っ当ーーー!に良いとこでした、ボツワナ。


初めて海外で生活して感じたことは、結局どこで暮らしても同じ。


生活面で日本と比べて不便を感じることはありましたが、慣れれば同じ。
手洗いの洗濯は疲れるけど、洗濯物がパリッとすぐ乾くのが好きでした。
洗ったお皿も拭かなくても良かった。

アフリカ!と聞くと、貧しいイメージがあると思います。
それか、ジャンプしてるイメージか。笑
もちろん、そういう場所もあるし貧困の問題や内戦、様々な問題がありますが、そうではない
アフリカも、このブログを通じて知って頂けていたら嬉しいです。
首都は私の実家より都会だし、何でもあります^^
付けまつげやネイルサロンもあります。

時間を守らない・ちゃんと働かない・信用出来ない・・・
そういう人もいますが、そうでない人も多くいます。
仕事をよく抜け出す同僚に最初は嫌悪感がありました。
でも、それはエイズの薬を外来に取りに行ったり、日本人が想像も出来ない家庭環境があって
それが原因だったりする。
目で見えるとこばかり見ていたのでは、肝心なことを見落としてしまう。

「ちょうだいちょうだい」って言うのは挨拶です。笑
持っている人が与えるのが当たり前の文化を「たかられている」と思うとストレスでした。
いつかブログでも書きましたが「自分が正しいと思うことは危険」ということを学びました。
異文化ですもんね。何もかも違う。
その中で、今までは相手の行動や言動を見て一喜一憂していましたが「この行動をとる原因は何かな?
どんな考えがあってこういうことを言うんやろう」と考えれるようになりました。

イエスマンという映画、いいですね。イエスマンであろうと思います。
悲観的で引っ込み思案であった主人公が、何でも「イエス!」と答えることで人生が好転していく映画です。

高校一年の生徒さんに、体育館で協力隊でのことについて少し話をさせて頂きました。
と言っても、校長先生の質問に答えるという感じです。
とても緊張したし、急なことでオドオドしました。
もっとちゃんと話せてたら・・・と後悔しましたが、今までの自分なら断っていたと思う。
経験が自信になっている気がしました。
こういう時は、トレーシーが文を添削してくれてたし、レミの顔見て安心してたなぁ・・・と切なくもなりました。

協力隊に参加して、自分が楽しいと思うこと、それを交えた進路も見つかりました。
多くの人が支えてくれて生活をしていることを知りました。
普段意識して無かったことを知れたことは大きいことだと思います。

行って良かった!

ブログを読んで頂いてた方、ありがとうございました。
この記事で終了します。



最後に、もし近くに外国人がいたら挨拶してあげて下さい。
これ、本当に嬉しいのです。










スポンサーサイト
要請内容②

入院患者、外来患者、地域住民への栄養指導

行なったこと

□ 回診に参加(週三回) → 退院する患者を把握し退院後の食事について栄養指導

□ 産科病棟に毎日通い出産後の食事についてアドバイス

□ 外来→医師・看護師からの依頼時に栄養指導

□ 栄養指導時に使う資料の充実

□ 学校でwellness day に参加


地域住民への栄養指導をもっとしたかった。
あまり出来てなかったけど、啓発運動の大切さを住民の反応を見て知りました。
主に、村で住民がよく行くお店に栄養だよりを貼らせて頂いたのがメインでした。

外来の栄養指導では、糖尿病や高血圧の患者さんが多かったですが、日本と違うのはエイズの患者さんが
多く様々な疾病を併発していること、栄養失調の子供が多かったです。
栄養失調には家庭環境が深く関係しているので、ソーシャルワーカーと一緒にサポートすることが多かった。

病棟の回診は参加して本当に勉強になりました。臨床は面白い。
それと同時に「もっと英語力があったら・・・もっと医療知識があったら・・・」と何度も思いました。



要請内容③

衛生管理や食材管理への助言や提案

これは出来てた!私、何もしていません。
キッチンケータリングの仕事であり、何も関与しなかったですが整理整頓は出来ているし厨房も綺麗。

彼らがしていたこと

□ 野菜・肉類は切る場所また納品場所を分ける(まな板も分ける)

□ 十分に火を通す(細菌死滅)

□ 調理は盛り付け時間直前に完成するようにする
(調理後の菌の増殖を防ぐため)

□ ネズミ・ゴキブリが出れば業者に連絡し駆除要請

□ 納品後の整理整頓

□ 手洗い・帽子着用

□ 下痢や体調が悪ければ休む(感染症下痢の疑い)




以上、活動を大雑把にまとめました。


さて、日本に帰ってきて一ヶ月が経ちました。


最後に活動をまとめたいと思います。


二年前、配属先のココへやってきました。

P2040052.jpg

ここに来るまでのバスの中。
周りはみんな現地の人。ぎゅうぎゅうの座席で7時間。不安でいっぱいでした。


・・・・・こんな風に振り返っていたら、キリがないな。
活動をまとめます。


★要請内容★

病院の医師、看護師、厨房スタッフと連携し、以下のルーティン業務への取り組みと業務改善への
アドバイスが期待されている。

① 医師、看護師、厨房スタッフへの特別食を含む栄養に関する助言や提案

② 入院患者、外来患者、地域住民への栄養指導

③ 衛生管理や食材管理への助言や提案


★プラン1★

現地の食生活を把握する
 ・患者さんに食生活を聞く
 ・厨房で献立を確認する
 ・どんな食材が使われているか把握する
 ・調理法を見学する
 ・味付けを把握する(味見させてもらう)


★結果★

■患者さんに食生活を聞く
-朝食は9割の人がモトホ
-野菜は高い。育てるのは難しい
-肉が好き。炭水化物が好き

■どんな食材が使われているか把握する
-缶詰(野菜・豆類)が多い
-主食の食材は常に在庫がある
-野菜は納品によって種類は異なる
(キャベツ・ピーマン・トマト・玉ねぎ・人参・バターナッツ・ビートルート)

■味付けを把握する(味見させてもらう)
-油と塩が強い。これを大量の主食と共に頂く

■厨房で献立を確認する
-一週間サイクル(日本では三ヶ月が多い)
-献立はあっても納品の加減で献立がよく変わる
-野菜はよく使っていた

■調理法を見学する
-大量の油を使用
-各種スープの素と塩の使用料が多い
-炒める・揚げる・長時間煮る   


★この結果を踏まえて、現地の人に伝えたかったこと★

野菜摂取の必要性
・野菜の効能を伝える
 
献立の種類を増やす
・様々な食材を摂取する → 様々な栄養素を摂取出来る

油と塩分の使用量・摂取量を減らす
・必要以上の摂取は様々な疾病を誘発する

これらを意識して栄養指導で話しました。
でも「野菜は高くて買えない」「食材を買えない」という患者さんもいます。
その方には、必要な食材を書いてソーシャルワーカーに依頼します。


さてさて、要請内容①

医師、看護師、厨房スタッフへの特別食を含む栄養に関する助言や提案

行なったこと

□ 回診に参加(週三回) → 病状を把握し必要があれば特別食に変更する

□ 朝にキッチンスタッフと特別食のメニューについて話し合う

□ キッチンスタッフになぜ特別食が必要か話す

□ 提供前に料理を確認

□ 特別食についてプレゼン

□ 特別食冊子の完成 病棟・キッチンに配布

よく話題になる特別食の疑問点をプレゼンで話し合い、表にまとめて掲示しました。
今も見てくれてるかなぁ。。
特別食では、配属先が今までしてきたことを否定したこともありました。
もちろん反感を買ったけど、患者さんの状態やドクターと話したことを説明して徐々に納得して
もらったり。もっと語学力があったら・・・と何度も思いました。
プレゼンで職員に特別食について話せたし冊子を作って各部署に渡せたことで助言が出来たかな
と思います。
今は、その冊子が活用されていることを祈ります。


②に続きます。
IMG_5096.jpg

IMG_5234.jpg


キリンはほんと可愛い顔♪

IMG_5235.jpg

IMG_5107.jpg

IMG_4984.jpg

IMG_5108.jpg


奥にいるのがワニです。

IMG_5109_20121025214759.jpg


レパード!!!!!!!ラッキー!

IMG_5126.jpg

IMG_5131.jpg

IMG_5135.jpg

IMG_5141.jpg

IMG_5151.jpg

こういう草原をドライブして動物を見つけます。

IMG_5158.jpg

IMG_5164.jpg

IMG_5167.jpg

IMG_5208.jpg


この車でゲームドライブ!
この人がずっと料理を作ってくれました!
ものすごく美味しい!!!
振り返れば、この頃から今に至るまで空腹を感じることなく食べ過ぎでいる。。。

IMG_5253.jpg


インパラ。たっくさん見ました。
ライオンのスナックだそう。。。

IMG_5154.jpg

こんな感じになったり・・・

IMG_5120.jpg

IMG_5259.jpg

上手に皮だけ残して食べるんですね。

IMG_5261.jpg

朝になると、皮だけが無残に数個ありました。

IMG_5262.jpg


もう動物パラダイス!!
ハイエナがゴミをあさりにきたり、テントはった近くを象が通ったり。

蛍もいました!!!!!アフリカにもいることにびっくり。
よく見ると、ハエみたいだったけど光ります。

あ〜楽しかった!!


たくさんライオンがいるのが見えますか?

IMG_4995.jpg

IMG_5002.jpg

IMG_5006.jpg


何かを見ています。まだ若いオス達だそう。

IMG_5017.jpg


彼らが必死で見ていたのはバッファロー。

IMG_5062.jpg


IMG_5034.jpg

IMG_5036_20121025213538.jpg

IMG_5045.jpg



IMG_5085.jpg

IMG_5090.jpg

IMG_5092.jpg

IMG_5095.jpg


年をとるとタテガミに貫禄が出るそうです。

IMG_5197.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。