上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で日本に帰ってきて22日。

ボツワナ→南アフリカ→香港→日本で帰ってきました。

南アではショッピングを楽しんで、香港では久しぶりの湿気を感じ。
日本に着いた時は雨が降ってて更に湿気。。早くも乾燥してたボツワナが懐かしい。
イミグレーションもいつ判子押されたのかわからないぐらい早く終わって日本へ入国!

何食べても美味しいです。
不便することなんてないし、サービスも素晴らしい。
人でぎゅうぎゅうなバスで長時間移動することもないし、家畜が外を歩き回っていないし
店のレジでは、客が品をカゴから出さなくても店員さんが出して清算してくれるし。



でも、想像していたより普通。

もっと感動するかと思っていたけど、そりゃ今まで住んでたところですもんね。普通。

一番感動したのがコレ!
タッチパネルの自販機!!

IMG_5392.jpg



同期と話す事はと言えば、みんなで居酒屋行っても「この味やったらボツワナ人も喜んで食べるな♪」
「今は○時やから、ボツワナは○時やな。(時差の計算)」「今から現地語で会話しよう!」。。

もう、ボツワナが恋しくて仕方がない。
こんなに好きだとは思いませんでした。

facebookって有難い。日本にいてもボツワナの同僚と連絡がすぐ取れるし、近況が知れます。
そして、そればかり見ては想像して、依存症気味になってきた。控えよう。。

想像その一。
最近は、ドクターの一人が南アフリカに行ってるのをアップしていました。
そして、一般病棟の看護師さんが「仕事が忙しい」とアップしていました。

病院のドクターが外出すると、外来の診察にクリニックから先生が来るんですね。
この先生は外来の患者さんを診察して、よく入院させます。
そうすると、入院患者が増えるので病棟は忙しくなる。

この先生が来院したんだなっと想像するわけです。

聞くと、当たってた!!笑



・・・・・ほんと、控えます。



日本に着いて驚いたことは、服装もみんなよく似てるし同じ顔に見えました。
最初、ボツワナ行った時はみんな同じ顔に見えて、名前を覚えられなかった事を思い出します。

電車に乗って、あまりに表情の無い人ばかりで若干怖くなりました。

テレビも、今まで無かったから見るの楽しみだったけど、いざ見るとうるさく感じます。

慣れたつもりでも、戸惑ってるのかもしれません。



これからは、青年海外協力隊というカテゴリから外れて・・・・・無職\(^^)/



でも、青年海外協力隊に参加したことで目標が見つかりました。
いつになるかわかりませんが、新しい目標に向かって頑張っていこうと思います。

この二年間、たくさんの人に支えて頂いたり、たくさんのことを教えて頂きました。
そして、ボツワナで色んな経験をすることが出来ました。

首都から離れた村で何もなくて「こんなとこで一人で生活出来たら、日本に帰ってどんな
辛いことがあっても絶対乗り越えられる。だから耐えよう」と当初は思っていました。
でも、周りの人がずっと支えてくれて、今や故郷です。
きっと、日本で死にたいぐらい辛いことがあったら、ひょっこりボツワナに行って、
そして、あの人達と会うと悩みがどうでもよくなると思います。
そんな場所が見つかって良かった。

こんな想いをさせてくれる現地の方達に感謝していますが、それと同様、日本から支えてくれた
友達や家族、そして各国に散らばって頑張っていた同期隊員、辛い時や嬉しい時も含めて一緒に
過ごしたボツワナ隊の人達には感謝しても感謝しきれません。
こういう機会を与えてくれたJICAにもお礼を言いたいです。


本当にありがとうございました。









スポンサーサイト
あと三日でボツワナを去る。

9月は旅行に行ったり、その後は荷物の整理や書類提出、JICA事務所に最終報告、
大使館に行って挨拶、送別会・・・今日はサーカス見に行きます!

まだここを去る実感が全く沸かず、休みが終われば任地に帰る気分。

日本に帰ったら、ここでの生活をどのように思い出すのかな。


今日はボツワナ独立記念日です。
日本はテクノロジーがすごいね!!とよく言われます。賢い人達だ。と。
中国の一部だと勘違いしている人もいるけど(>_<)

今日、回診の時に先生と話していて日本の話になりました。


先生)父親から、よく魚を食べなさいと言われたよ。魚を食べると日本人のように頭が良くなるって。
   だから、魚ばかり食べされられた。本当に魚ばかり食べるの?

私)魚はよく食べますよ〜。それで賢くなるかはわからないけど(^^ゞ

看護師)ボツワナでも魚をよく食べるマウンの人達は頭が良いよ。


ほんまかいな〜と思いつつ、テクノロジーの話へ。


先生)日本は自動でドアもトイレも開くんだよね!?そのうち、どこどこに行け!って
   車に言うとその通りに行く車も作るよ!!

私)それを望みます!でも、停電になったらとても不自由になる国ですよ。

先生)そうだね〜。素晴らしいテクノロジーだけど、それによって仕事が無くなる人も
   増えてくるね。

私)そうか〜!それで日本は失業者が増えてるんですね!外国で働くことも考えようかな。
  でも、英語が出来ない(T_T) 
  先生はフランス語も英語も出来てすごいですね。

先生)高度な知識を得るためにはフランス語も英語も必要だった。医学は英語だったし。
   日本は日本語だけで高い知識を得られるの?

私)大抵のものが日本語に翻訳されています。

先生)いいね〜!



高度な知識を得るためには英語の取得が必要だったと、以前、他の先生にも言われました。
そう聞いて思い返すと、日本の本屋って凄い。
色んな分野の本があるし、詳細でレベルも高いものが日本語で陳列しています。
ボツワナでは、高度な内容の本は英語。
現地語の本もありますが、極わずかです。本屋も小さい。
他のアフリカ諸国もそうではないかな。

魚をよく食べるのも一因かもしれませんが、ハイレベルな知識を母国語ですぐ得られる日本は
とても恵まれていて、これも頭が良いと言われる事に繋がるのでは、と感じました。

私の英語力で賢いと言われる日本人像をぶっ壊していそう《゚Д゚》

でも、こんなこと言ってもらえると誇らしく嬉しかったです。

3月。日本は年度末で忙しい時期かな。
ボツワナは暑さのピークが過ぎて、朝と夕方は涼しくなりました。
昼は相変わらず暑いけど、涼しい風が吹きます。
日本の秋のよう♪


ボツワナ生活ですが、最近ストレスを感じる事が多くて滅入ってました。

①いつ出てくるかわからないサソリ。笑

②「結婚してー、お金ちょうだーい」とおっさんに追いかけられ全力疾走。
たまたま同僚の車が通り助けてくれました。

③中国語の真似をしてからかってくる人。
任地ではたまに村の人に「ニーハオ」と言われるぐらいですか、何故かこの前
首都に行った時はひどかった。
アジア人=中国人と思っているみたい。
確かに、ボツワナで暮らしている中国人は多いです。オリエンタルプラザもあるし。
日本も中国の一部のように勘違いしている人もいます。
なぜ、中国語?で話しかけられてイライラするのかは、自分の中でも卑下している部分
があるのかもしれません。そんなつもりは全く無いですが。
こういう、能力や努力でどうにもならないことで差別されるのは悲しい。
悲しいを通り越して腹が立ってくる。
言い返すと全てが終わる気がして無視します。

④「〜ちょうだい」と言われることが多い。同僚にも患者さんにも。
これ、応えてあげられない罪悪感が残るし、ほんっとーに滅入ります。
パトリシアに「〜頂戴って人から言われるのがストレス」と話したとき、
「え!?なんで??持っている人が与えるのは当然でしょ?」と。
この国の助け合いの精神は素晴らしいけど。。。

⑤お金のことなら、庭の草刈りを頼んでいた人が「娘の誕生日があるから・・・」と
言われ先払いしたのに、1ヶ月経ってもまだしてくれない。
見かけたら、いつも「今日行くから!」って。もう催促するのもしんどくて放置。

⑥一度何かを手伝うと、次回からはやらされる。。。
用事があり、断ると現地語で文句言う。笑(被害妄想では無いはず!)
悪い感情を表す時に現地語を使われるのは、何を言っているか理解出来ないし、悪い妄想も
膨らんで堪えます。これは反則な気が。。。



は〜!!!吐き出すと楽になった!!



ボツワナに来る前に父に「どこに行っても嫌な人もおるけど、絶対味方でおってくれる人
もおるで、頑張れ」と言われたことを思い出します。


昨日は、車を買ったケリーがドライブに連れて行ってくれました。
車はやっぱりいいなぁ♪


新年が明けました。

今年も宜しくお願いします。


年末から休みをもらっていて、来週から仕事です。
今回の休みはのんびり出来ました。
国内を観光したり、ひたすらガンダム見た。

そんな中、大好きな祖父が亡くなりました。
急だったので葬式にも間に合わず、親と相談し帰国せず。
友達がお通夜に行ってくれたり励ましてくれて。本当にありがとう。

以前、ブログでも書いたような。
「死んだら私にとりついてーよ」っと言っていたのに、まだおじいちゃん現れないな。

全然亡くなった実感がなかったのだけど、雷が鳴ると、もう私も良い歳なのに
おじいちゃんが怖がってるか心配して家まで来てくれたなぁとか、タバコの臭いとか。
そういう何気ないことで思い出が蘇ってきます。

今は首都で他の隊員もいるし気が紛れますが、明日は任地に戻って一人。
やっていけるかな。。。帰りたい。


カウンターパートや院長がとても優しく親切にしてくれるから、この人達は裏切れない
という一心で活動してきました。
「誰かのために役に立ちたい!」とかいうボランティア精神は薄い方です。
そんな心の支えだったカウンターパートも移動になったし、なんだかもうやる気が無い。
帰りたい。



この前のブログの内容とはえらい違い。
帰るのが寂しいと書いていたのに。笑



でも、残りの任期9ヶ月。
日本の血税を使い、活動しているんではなくて活動させて頂いてることを意識して
ただ「二年間ボツワナにいました」というのでは無く、今年は活動成果を残したい。


来週から気合いを入れ直します!!


東日本大震災、台風12号の復興を願っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。