上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特別食別の冊子も完成したし、プレゼンで伝えたいことも話せたし、後はそれをフォローしながら
栄養指導件数も増やしたいなぁ。掲示物も増やしていこう。と考えていたとき。

近所の中学校から「ワークショップで栄養と健康について話してほしい」とのレターが職場に届きました。

大ピンチ!!!
色んな学校から集まって300人参加予定と書いてある。。何を話そう。どんなやり方で伝えられるのか??
速攻、ソーシャルワーカーの部屋に行って相談。ソーシャルワーカーも参加だったので♪
職場にソーシャルワーカーは二人います。
「どんな風にするのか聞いてみるよ!」と電話してくれ心強い。

ソーシャルワーカーA) 
コーナーを作って、食事に興味ある人がin out するからその都度に個人的に話せばいいんだよ。

そっかーそっかー^^
それなら普段通りや♪でも資料増やそうかな。とのんびり構えながら、パワーポイントで資料作って壁に張り出そうと思いポツポツ準備。
・バランスの良い食事
・必要な栄養素とその効能
・塩分摂取減らしましょう
・野菜いっぱい取りましょう
・運動しましょう
について。しかも学生向けに。だって学校でだったし。笑


そんな中、もう一人のソーシャルワーカーと出会い話すと

ソーシャルワーカーB)
プレゼンだよ。
糖尿や高血圧、バランスダイエットについて話せばいいんじゃない?対象は先生達だよ。



????????????????????????????

もう二日前〜!!!
準備たいへえええええん。


直接学校に行きました。

IMG_2591.jpg




結果、1時間のプレゼンが待っていた /(^o^)\

掲示物として使う予定だった資料をプレゼン用にして英文作って。
当日の早朝にトレーシー(ピースコーボランティア)にプレゼンのリハーサルをして
英文のチェックをしてもらい。なんとか完成!!

掲示物も掲示。

IMG_2610.jpg


そして記念撮影。

IMG_2611.jpg

大勢の人で緊張したけど、横にはソーシャルワーカーAがいて振り向くと「うんうん」
と頷いて励ましてくれるし、側にいて現地語に訳してくれる看護師さんはよくお世話
になっている人だし、トレーシーもいるし。
公開処刑のような気分にはならずに終えることが出来ました。

人が集まるまでなかなか時間かかりました。。。一番左にいます。横がA♪
この左の白壁を使ってプレゼンしました。

IMG_2632.jpg

現地語に訳してくれる。

IMG_2665.jpg


働いている同僚。
いつもはおちゃらけたりしてても、白衣来て仕事している姿は眩しくて目が潤みました。

IMG_20120629_130920.jpg

IMG_20120629_131030.jpg

IMG_20120629_131039.jpg

この様に、看護師、歯科医師も参加して各場所コーナーを設けて看護師は血圧・血糖の検査、
歯科医は診断をして歯磨きを配っていました。
Aは私もその一環だと思っていたそうで、すごく謝ってくれて。
その罪悪感からか、プレゼンは大層褒めて院長に報告してくれました。笑


このワークショップではインストラクターが来てエアロビもしました。

IMG_2661.jpg


先生たちが来ているので、学生に渡してほしい資料も配りました。

このプレゼン内容に興味持ってくれる人が何人かおり、次回も違う場所ですることが決まりました!
やったー!
ソーシャルワーカーから
「今までは糖尿病はこれを食べたらいけないとか疾患別でこういう食事全体についてのプレゼンは無かった。
職員にもやろう!」と提案してもらい
トレーシーから
「同僚にも話したけど食事について知らない人が多い。役所の職員とも合同でやろう」と提案してもらい
三人で計画中です。
ソーシャルワーカーが人を集めたり細かい調整を行なってくれ、私は栄養のこと、トレーシーは
エクササイズに詳しいのでエクササイズのこと。健康について深く話が出来そう。

この人達に会えて、楽しくなってきたー!!
地域住民の啓発は目標には入れていたけど難しいと思っていたので願ったり叶ったりです。
重いおしりが動きました。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humming0513.blog135.fc2.com/tb.php/168-0084b40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。