上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同僚が我が家で送別会を開いてくれました。

山羊をご馳走してくれました。

普段、食事前に「いただきます」というのは「命を頂きます」という意味なんだな
と改めて感じました。

生々しい写真が続きます。
苦手な方はこの記事は飛ばして下さい。




IMG_3839.jpg

送別会の前日。
いつもの様に(ちょっとウソ。笑)ソーソーと一緒に英語の勉強をしていた時。
山羊が届きました。
サプライズ!!!

IMG_3814.jpg

あなたは何もしなくていいからね〜♪と山羊を木に繋げて同僚は帰ってしまいました。

IMG_3830.jpg

朝が来た。

IMG_3842.jpg

同僚も来た。

IMG_3850.jpg

左から歯科医のルーフとソーシャルワーカーのレミとナースのタペロ。

IMG_3853.jpg

ナイフで喉を切り、血を出します。
ここでしっかり死んでいるように山羊の目を見て確認。

IMG_3869.jpg

血。ドロドロというかモッタリしていました。プルプルもしてた。

IMG_3882.jpg

木にくくって、再度血抜き。

IMG_3891.jpg

毛皮をナイフで剥がします。
想像よりスラスラと剥がれました。
「サージカルナイフ借りてきて。笑」と言ってたけど^^

IMG_3906.jpg

綺麗に剥がれた毛皮!
「日本持って帰る?」って言ってくれたけど、持ち込み出来るか心配でそれを話して
止めました。欲しかったなぁ。。。

IMG_3907.jpg

綺麗に毛皮が剥がれた後は・・・

IMG_3916.jpg

内蔵を出します。

IMG_3920.jpg

IMG_3927.jpg

綺麗になりました。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
おはよう!
山羊…すごくキレイ。

今、日本だけでなく、多くの先進国で失われつつある『食べ物に対する真摯な気持ち』がボツワナにはあるんだね。
それは絶対にお金では買えない豊かさだわ。

灯にも、これから生まれてくるお腹の中の子にも
『いただきます』
の気持ちを忘れないように しっかりと伝えていかなくちゃ。

ボツワナは、温かいステキな人たちがいて、とっても豊かな国だった。
この2年、あこを通して…ほんの一部でしかないかもしれないけど、遠く離れたボツワナという国のことを知れて、少しながら関われたこと、豊かな経験だったと思う。

ありがとう。
2012/09/05(水) 09:55 | URL | ゆうこ #-[ 編集]
ゆうこちゃん
食育で、こういうことも大事やんね。

ほんと素敵な人がいて豊かな国だった。
やっぱり淋しいから、帰る前にもう一回任地行ってくるわ。

いつも、コメントで励ましてくれてありがとう!

>この2年、あこを通して…ほんの一部でしかないかもしれないけど、遠く離れたボツワナという国のことを知れて、少しながら関われたこと、豊かな経験だったと思う。

こんな事言ってもらえたら。
冥利に尽きます。
2012/09/06(木) 04:08 | URL | あき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humming0513.blog135.fc2.com/tb.php/175-7368e6a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。