上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の一般病棟は子供が多いです。

低成長の子供の背景にHIV、結核、その他の疾病なども絡んでいます。もちろん環境も。

看護師さんにカルテ見せてもらって説明してもらい、疾患を把握してから食事内容を振り

分けていますが、最近嬉しいことが♪

キッチンスタッフに「~に問題があるから○○食で」という伝え方をしていましたが、こ

の前「腎臓に問題があるから・・・」と言うと「タンパク質と塩減らす?」と。

糖尿についての食事の知識は豊富ですが、その他については「なんで減塩食?低タンパク?」

と感じていたそうです。

まだ一歳児だったし先生に相談してタンパク質制限はしなかったけど、キッチンスタッフ

の疾病別に対する食の理解を目標に入れていたので嬉しかった♪



なかなか体重が増えずにいた子供がいました。

間食を工夫しても変わらず。

「親が食べてるよ」など聞きましたが、何度か食事を見に行ったら親がごはんを食べさせ

ています。

食欲が無いようでたくさん残しがち。

どうしよう…と考えていましたが、ある時病院をウロウロしていたらアメやキャラメル等

を病院に売りに来るおばちゃんがいて、そのお菓子を親が子供に与えていて。

このおばちゃんと親は仲が良いらしく、よく一緒にいます。

エネルギーに富むものは、他のものに対する食欲を落としやすいので、甘いものを与える

のは止めるように伝えてしばらく。

少し喫食率も上がったように感じます。良かった!

これだけが原因では無いでしょうが、体重もアップしました!!


間食の工夫も問題ありで、リンゴのコンポートやフレンチトーストを作ってキッチン

スタッフに試食してもらい、子供に提供したけどあまり食べず。

でも、モトホと言われるソーガムの粉を湯で練って作ったものに、ピーナッツバターと牛

乳を加えたものを提供すると、まるまる食べてくれた!

この料理はキッチンスタッフの朝のまかない料理です。味見させてもらったら美味しかっ

たので、間食の時間に提供しました。



今更ですが、押し付けばかりになっていたのか?とか、しっかり観察出来ていたのか?な

ど反省。

書類作成も落ち着いてきたので、来週はうろうろと徘徊したいと思います。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://humming0513.blog135.fc2.com/tb.php/70-cc7ee0d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。